スポンサードリンク

ドリンクスタンドで大失敗した話し

こんにちは、mariです。

突然ですが、台湾のお茶は基本甘いです。
砂糖入り。

日本人にとって、紅茶はともかく、

麦茶やウーロン茶や緑茶やジャスミン茶などは基本無糖だと思うんです!

わたしは紅茶もコーヒーも無糖派で、
果汁100パーセントのジュースは好きだけど、砂糖で甘いジュースは飲みたくない、

と言ったこだわり!(ただのわがまま)があるのです。

でもドリンクスタンドでは自分で甘さが選べます。

無糖、微糖、半糖、正常糖
とかそんな感じで甘さが選べるのです。

なのでドリンクスタンドに無糖の麦茶買いに行きました。

日本のスタバとかでもそうだけど、エコのためにマイボトル持ってきてね運動があるので

マイボトルに入れてもらいました。

マイボトルなら魔法びんだからずっと冷たいし一石二鳥!

でもでも!

飲んでびっくり、中身はミルクティーでした(*´-`)

麦茶=麥茶(マイチャー)
ミルクティー=奶茶(ナイチャー)

発音が悪かったのね(;_;)がっかり。

マイボトルだから買った時に中身が見えなかった。

そのあと麦茶を求めてセブンイレブンに行ってやっと麦茶が買えました。

やれやれ。

と思ったら、

すっかり忘れてましたー!台湾のお茶が基本砂糖入りってこと。

何も書いてないってことは砂糖入り。

久しぶりに失敗しました…。

ミルクティーと砂糖入り麦茶でリュックが重いです。

Leave a Comment